160515_125914
  おなり街道通行止めは不便です。新道、古道、両方使えると便利です、是非千葉市長におかれましては便利両方使えるようになるよう英断をお願いもうしあげます。
   
                おなり街道とは
徳川家康が天下をとり。鷹狩りのために当時の佐倉藩主土井利勝に命じて作らせたと📲🚧 おなり街道。別名、一夜街道、提灯街道、権現街道とも言う。この歴史的価値のある古道が現在千葉市の主動で埋め立てられています。🚭埋め立て後は通行止めに。🚧😠市民農園の裏口付近です。一部とはいえ、利用者には不便であり歴史的にも残念です。➡本来は千葉市として 守るのが使命のはずですが❓❓❓おかしいですね。江戸時代の道路は軍事目的上曲がって作られることが多いようです。しかし➡この古道は➡船橋から東金まで約37km➡ほぼ直線の珍しい道路はのようです。➡🚧当時地元農民を使って三日三晩 提灯、燈籠 を使い作ったそうです。 この埋め立て工事現場近くに世界的に有名な車椅子メーカーのox社があります。この会社を昨年12月8日には天皇皇后両陛下が視察に訪れました。偶然にも両陛下はこの埋め立て工事の古道を往復されました。➡その翌年4月に通行止め工事ですから❓➡当然熊谷千葉市長も来ていました。私も地元住民として両陛下をお迎えしました。➡➡➡後世のためにも歴史的遺産は大切に保存して欲しいものです 。😅🔛千葉市にかれましてはぜひ再考をお願いしたいと思います。🔙🔚工事現場近くには提灯塚、金光寺、お茶や御殿などの史跡もあります。しかし古道あっての史跡であると思います。この古道は八街市では史跡指定になっているようです。千葉市他もぜひ保存史跡指定にするべきだと思います。なぜなら古道は千葉市の若松町から八街市までが当時の面影が残っている唯一の場所だからです。🔛 平成28年5月15日。➡後日工事現場写真を掲載します。ーーー追伸。ーこの工事現場でゴールデンウィーク中に乗用車の転落事故があったようです。友人より聞いた話で詳細を調べましたがネットでも分かりませんでした。2,3m落差があるので心配です。怪我がないことをお見舞いがてら願っています。